皮膚科ナビゲーション「シミは皮膚科で治せます」

  • たくさんの女子達

シミのメカニズム

お肌の天敵として知られている紫外線というのは、長時間浴び続けることによって皮膚に様々な悪影響を与えてしまいます。
私達の体の中にはメラニン色素を生成する細胞の「メラノサイト」というものが存在しています。メラノサイトが紫外線の影響によってメラニン色素を過剰に生成してしまい、シミを作ってしまうのです。また、年齢が若い時は肌の回復力が高いので、日焼けをしたとしてもシミができることはありません。
しかし、肌の表面にシミができていなくても肌の奥に潜伏しています。そして、年齢を重ねた時に肌の表面へ表れるのです。
女性の肌は25歳が曲がり角と言われています。25歳を過ぎた当たりから急激に肌の再生力が弱くなってしまいます。そして、30歳40歳と年齢を重ねることで、顔にたくさんのシミが出てくるのです。

メラノサイトがシミであるメラニン色素を生成する段階は4つに分類することが出来ます。
メラノサイトは最初にチロシンというものを生成します。チロシンは酸化することによって、ドーパ、ドーパキノン、メラニンというように変化します。
メラニンは必要のない存在だと思っているかもしれませんが、メラニンというのは紫外線を遮断する役割を持っています。私達は紫外線を出来るだけ受けないようにするためには必要不可欠なのです。シミを作ってしまうものですが、その代わりに肌を守ってくれているのです。
世の中に存在している美白化粧品というのは、メラニンの数を少なくすることが出来る役割を持っています。しかし、メラニンを減らしすぎてしまうことで、紫外線を遮ることができなくなってしまいます。ただ、化粧品には肌に悪影響を与えるほどメラニンを減らす効果はないので安心してください。

シミが出来てしまった場合には、できるだけ早く手を打つようにしましょう。
美白化粧品を利用するという方法もありますが、化粧品だけでは十分な効果を得ることが出来ないといった場合には、皮膚科で治療を受けることが出来ます。
皮膚科では、医療機器を使用した治療を行いますので、化粧品よりも効果が高いですし、安全にシミを消すことが出来ます。即効性がある治療方法も多数ありますので、まずは皮膚科に相談をしてみましょう。