皮膚科ナビゲーション「シミは皮膚科で治せます」

  • たくさんの女子達

光治療

オレンジの髪色

皮膚科で行われるシミ治療に「レーザー治療」と「光治療」があります。どちらの場合も特殊な光を用います。
同じ光を利用するのにどのような違いがあるのか?よくわからない人の為に光治療とレーザー治療の違いについて紹介します。
レーザー治療で使用するレーザーというのは、気になっているシミを集中的にケアします。頬にできているシミやイボ状になってしまったシミにも効果があります。
一方、光治療というのは、ピンポイントではなく、比較的広範囲に渡って光を照射します。そのため、一点における効果は低いものの、皮膚にかける負担は軽減されます。皮膚に負担をかけにくいので敏感肌の人でも治療を受けることが出来ます。治療後肌トラブルを起こしてしまうことも殆どありません。
光治療は、一度の治療でシミが完全に消えるというわけではありませんので、何度か治療を受けることとなります。

光治療に使用されている光にも様々な種類があり、フォトフェイシャル、IPL、オーロラというものが人気です。
フォトフェイシャルというのは、シミの原因となっているメラニン色素を浮かび上がらせます。そうすることで、肌の表面に色素沈着している部分を剥がしていくのです。光は非常にマイルドなので、敏感肌の人でも安心して治療を受けることが出来ます。
IPLというのは、フォトフェイシャルと同じです。シミ以外にもニキビ、毛穴の開きなどに効果がありますので、様々な悩みを抱えている女性に選ばれている治療方法です。
オーロラというのは、今までのフォトフェイシャル(IPL)に加えて、高周波を利用しています。どちらも組み合わせることで、シミを薄くすることが出来ます。また、表面に現れているシミだけではなく、肌の奥に潜んでいるシミにも効果がありますので、今後新たなシミができることを防ぐことが出来ます。

シミ治療で、レーザー治療と光治療のどちらが良いか?悩んだ場合には医師に相談をしましょう。
シミの種類、状態、予算などに合わせて最適な方法で悩みを解決してくれます。

  • 気になるお肌のシミ治療は評判の良い美容外科でおこなうことをおすすめします。コチラに役立つ情報満載なのでぜひご覧くださいね。